引越しの運搬業者の見積もり

引越しの運搬業者の見積もり

引越しの際、誰に運搬の手伝いを頼むかでわかるあなたの価値

「身を削って働くくらいだったらお金が少なくても自分の好きなことをやっていたい」。最近、このような価値観が広がってきているようです。ノマドと言う言葉が出てきているように、インターネットの普及により、ネットに接続できる環境があればどこでも仕事ができるようになってきています。そのような環境になった時に、毎朝オフィスに通勤することの意味を改めて問い直した結果であると思います。そして、これまでのように、会社に身を捧げて働く代わりに、高額の報酬や生涯安泰をもらうという、誰もが目指したステレオタイプにほころびが見え始めています。その代表例として、お金に関する意識が挙げられると思います。かつては収入が高ければ高いほど、それはよしとされ、一種ステイタスになっている部分がありました。しかし、それには家族との時間や自らの健康を犠牲なることも少なくありませんでした。そのような世代を見て育った世代にとっては、身を粉にして働くことが正しいのか、というような疑問が生まれてきていると思います。そして、お金にとらわれない生き方を目指しているのではないでしょうか。

さて、そのような生き方は確かに素晴らしいと思いますが、これまでにあまりなかった生き方だけに、多くの反論も予想されます。その一つに、お金が無ければ生きていけないということ。これはもっともな話です。現代の生活においてお金は不可欠なものであり、お金が無ければ食べ物や服を買うことができないし、住むところも確保できません。お金が無いことは、現代社会で生活することにおいて、大きな問題となり得るのです。この問題に対する回答として、お金に変えられないつながりが挙げられれます。つまり、賃金を必要としない協力です。例を挙げてみましょう。引越しをする際、物を運搬するために誰かの協力が必要です。あなたは次のどの方法を選択しますか。業者に頼む、友人たちにバイト代を払って手伝ってもらう、友人たちに無償で手伝ってもらう。これは、あなたが普段どのように周りと接しているかで選択が異なってきます。この中で一番お金がかかる方法は、業者に頼むことです。つまり、多くのお金を必要とするということは、あなたが周囲と良好な関係を築くことができていないことの証なのです。一方、普段から周囲と協力的なかかわりを持っている人は、多くのお金を払う必要がありません。これがお金に変わる価値というものではないかと思います。これは何も難しく考えることはなくて、飲み会の時に部屋を貸してあげるだとか、スーパーの安売りの情報を教えてあげるだとか、そんなことでもいいと思います。要は、相手にとって有益な情報だったり、スペースだったり、そういうものを提供することで、お金を節約することができるということ。ただお金を稼げばいいという考え方に代わって、このような考え方が広まっていくのではないかと、考えています。

RECOMMEND